制作実績を確認しよう

動画制作

動画制作会社を選ぶ際には、制作実績があるかどうか確認することが大切です。制作実績があるかどうか確認したいのであれば、動画制作会社のホームページをチェックしてみましょう。ホームページ内には過去に制作した動画が紹介されていることが多いので、それによって確認することが可能です。このように実際に制作された映像を見ることによって、失敗する可能性を減らすことができます。映像の仕事は大きい仕事であればあるほど、さまざまな人たちと関わることが多いです。カメラマンや音声、照明などの力を借りて制作されます。それなりの映像作品を制作できる力があるということなので、安心して依頼することができます。動画制作会社の製作体制は、自社でカメラマンやディレクターなどの製作リソースを抱えているところと、自社で製作リソースを抱えておらずフリーランスクリエイターと提携しているケースの二種類があります。この二つはそれぞれ特徴が異なり、自社で製作リソースがある場合は、品質が安定していますがコストの面で柔軟性があまりありません。一方、フリーランスクリエイターと提携しているところは品質にはバラツキがありますが、コストの面では柔軟な対応が期待できます。したがって費用が少し高くても品質が安定しているところを選びたいのであれば、製作リソースを抱えているところがおすすめで、なるべくリーズナブルに制作したいのであれば、フリーランスクリエイターと提携しているところを選ぶのがいいでしょう。

著作権と相場について

ビデオカメラ

動画や映像を動画制作会社に依頼した場合、著作権は誰のものになるのか気になるのではないでしょうか。実は著作物を創作した人が著作者ということになるので、何もしないままでいると動画制作会社が著作者ということになります。依頼者に著作権を移すためには、著作権譲渡契約を結ばなければなりません。この契約は、映像や広告業界の中では買い取りという言葉がよく使用されるので覚えておくのがいいでしょう。動画制作会社に映像を依頼する場合は、映像制作に使える予算を明確に伝えることです。企業が映像制作をする場合は必ず目的があるので、その目的をしっかり伝え、さらにどれくらいの予算がかけられるかを提示することがポイントになります。その映像を営業の現場で活用したいのであれば、20万~30万円が相場です。採用活動や展示会などで使用する映像を依頼する場合は、50万円前後が相場となっています。このように目的によって予算の相場が異なるので、それらをしっかり確認することも大切です。

広告募集中